line_top
header
header

キービジュアル

治療の連鎖」、
もうやめにしませんか?

虫歯や歯周病になってしまうのは
しょうがない事。
このように考えている人は
意外に多いです。

虫歯や歯周病にならないための
方法が確立」されています。
この「事実」を
もっと多くの方に知ってほしい。

歯の治療をすればするほど、「歯は弱く」なっていきます

歯医者は、痛みがある時や詰め物などが外れた時に受診する方が多いと思います。その場合、実はかなり状態が進行している事が多く、当然治療も大掛かりになります。
そして、頑張って治療が終わり『歯を治療したからもう安心!』と思われるかたが多いと思いますが、実は、治療した歯というのは元の状態よりも弱くなり、かつ、再発のリスクがとても高いのをご存知でしたか?

当然ですよね。
治療のたびに歯を削っていくのですから

そして、かぶせ物等の処置をした場合、天然の歯と人工物であるかぶせ物の境目には目に見えない隙間がどうしても生じてしまいます。その隙間から虫歯菌が入り込み、かぶせ物の中で虫歯が発生してしまうことがあります。

つまり、歯を悪くしないこと。
これが一番大切なことです。

歯が健康な方は、それを維持するために、すでに悪くなっている方は、まずは悪い部分を改善し、今後悪くならないために歯科医院を利用して頂くことが大切です。

当院では皆様のお口を守るためのアドバイス、そして健康な状態を維持するためのクリーニングを致します。

当院の、虫歯・歯周病にさせない、そして再発しにくい予防処置の「体制」

予防処置における当院の体制をご紹介します。

「細菌」に着目した治療法

虫歯・歯周病の原因は歯垢や歯石になります。
一般的にはこの歯石・歯垢を物理的に除去していくのですが、物理的に除去できるのは「目に見える部分」だけとなります。

歯垢や歯石は「細菌の塊」ですので、目に見える細菌の塊である歯垢・歯石の除去だけでは十分ではありません。
目に見えない」細菌へのアプローチも同時に行っていく必要があります。

細菌

では、目に見えない細菌をどのように除去していくのか?
それをこれからお伝えしていきます。

悪さをする「原因菌」に
直接アプローチするための「検査」

当院では細菌レベルで確認できる「位相差顕微鏡」というものを導入しています。
これにより、悪さをする菌の種類・活動性などを確認していきます。

位相差

この検査を行なうことで、原因菌の検出だけでなく、患者様固有の情報が得られることにより、歯周病・虫歯リスクの程度を知ることができます。この結果からあなたの歯を守るための一歩進んだ治療が可能となります。

特定した原因菌を直接叩く
「3DS」~口臭改善にも効果あり

細菌検査で特定した原因菌を3DSという手法で除菌・抗菌していきます。具体的には、専用のマウスピース(ドラッグリテーナー)に薬剤を注入しお口に装着するだけで除菌していきますので、患者様への負担もかからず、治療も短期間で終了します。

3DSは原因菌の数を限りなくゼロに近づける治療ですので、継続使用することで、虫歯・歯周病の予防となります。下の画像は治療前と治療後の細菌数を表現したものとなります。

また、3DSの副次的効果として、口臭改善にも効果があります。

口臭の原因は9割が口腔内の細菌によるものであり、特に歯周病が進行している方は口臭も比例してきつくなる傾向があります。3DSを利用することで、この口臭の原因となっている原因菌を除菌しますので、口臭も軽減することができます。

コラム
予防処置の副次的効果
-本来の歯の白さが蘇ります!!

エアフロー

当院では「細菌除去」に着目した処置を行いますが、もちろん歯石・歯垢を除去するなどの一般的な処置も一緒に行います。この処置をする際「エアーフロー」というものを利用します。

これまでもエアーフローの機器は存在していましたが、虫歯や歯周病の原因となる「バイオフィルム」の除去ができませんでした。
しかし、当院で利用しているエアーフローは、バイオフィルムを短時間でしっかりと除去できるだけでなく、歯と歯茎を傷つけず施術できることも特徴です。

  • 歯周病の原因であるバイオフィルムまでも除去できる
  • 誰がやっても同じクオリティを担保できる
  • 歯を傷つけない

また、この処置をすることで「本来の歯の白さが蘇る!!」という患者様に嬉しい副次的効果があります。これは歯垢などを除去するとともに、ヤニ汚れ、茶渋などの着色も一緒に除去できるためです。

最後に、院長からのメッセージ

一般の方々は、「歳をとれば、自然に歯が抜けてしまうものだ」とお考えの方がいると思いますが、事実は違います。若いころから歯科医院で定期的にメンテナンスを受けていれば、多くの歯を残すことが可能です。

ある興味深い統計があります。

歯科医院での定期的な予防・メインテナンスを「した方」と「そうでない方」の年齢別の統計です。これによると80歳のなったときに残っている歯の本数には9本近くの開きがでるという結果になりました。

図

また、「痛いときにだけ歯医者に通う方」と「定期的に通院する方」の「歯のライフサイクルと治療費を比較」した統計も非常に興味深いデータが出ています。

図2

図3

「3~6カ月に1回の定期的メインテナンスに行くのは面倒だし、費用も高くなりそうだな」と感じておられる方も多いと思います。しかし、結果はどうでしょうか。
定期的に通院した方が約300万円も治療コストがかかっていません

また、歯科医師としてなによりも主張したい点は、「80歳になっても自分の歯でいられる」ことの素晴らしさです。

歯を失うことの辛さは、実際に失った方でないと分りませんが、事実、生活の質が落ちてしまいます。快適な老後を送るためにも、早いうちから歯のありがたみを理解し、日々のブラッシング、定期的なメインテナンスを生活習慣の1つに組み込むことが非常に大切となります。

定期的メインテナンスの絶大な効果

歯科医院での定期的な予防・メインテナンスを「した方」と「そうでない方」の年齢別の統計があります。これによると80歳になったときに残っている歯の本数にはメインテナンスを「した方」と「そうでない方」には9本近くの開きがでるという結果になりました。

定期メンテナンスと残存歯数の関係

図

以下、もっと分かりやすく「メインテナンス」をしている場合としていない場合の比較を説明したいと思います。

「痛い時だけ通院する方」と「定期的に通院する方」の歯のライフサイクルと治療費の比較

痛い時だけ通院する方の
歯のライフサイクル

図

定期的に通院する方の
歯のライフサイクル

図

「3〜6カ月に1回の定期的メインテナンスに行くのは面倒だし、費用も高くなりそうだな」と感じておられる方も多いと思います。しかし、結果はどうでしょうか。
定期的に通院した方が約300万円も治療コストがかかっていません。

また、歯科医師としてなによりも主張したい点は、「80歳になっても自分の歯でいられる」ことの素晴らしさです。 一般の方々は「歳をとれば、自然に歯が抜けてしまうものだ」とお考えの方がいると思いますが、事実は違います。若いころから歯科医院で定期的にメインテナンスを受けていれば、上記の図・統計にもあるように、多くの歯を残すことが可能となるのです。

歯を失うことの辛さは、実際に失った方でないと分りませんが、事実、生活の質が落ちてしまいます。快適な老後を送るためにも、早いうちから歯のありがたみを理解し、日々のブラッシング、定期的なメインテナンスを生活習慣の1つに組み込むことが非常に大切となります。

「治療の連鎖」を断ち切るために

ここまで読んでいただければ、虫歯・歯周病の治療が終了しても、治療前の生活習慣や歯に対する考えのままであれば、結局、再治療の可能性が高まることがお分かり頂けたと思います。

現在の歯科医療では、虫歯・歯周病の原因が解明されており、どのようにすれば虫歯・歯周病にならずに済むのかの予防法が確立しています。

虫歯・歯周病になってしまったのには、あなたにそれだけのリスク(生活習慣、ブラッシングの方法、間食などなど) が存在していたからです。このリスクを減らすことができなければ、治療したとしても再発する可能性は高まります。

歯医者でのメインテナンスでは、単に歯石・バイオフィルムなどを除去するだけでなく、あなたのリスクを把握し、そのリスクコントロールのアドバイスも行いますので是非有効にご活用ください。

せっかく治療した歯。できるだけ長く、快適な状態でいたいですよね!
今度は治療ではなく、お口のケアのために歯医者におこしください!
3ヵ月〜6カ月ごとの定期的なメインテナンスをお勧めします。