line_top
header
header
header

審美歯科

歯を綺麗にするには数通りの治療法があります

あなたに適した審美歯科治療は・・・?

「小さな」虫歯を綺麗に治療したい・銀色のつめ物を白くしたい

保険が適用される治療と、保険適用外の治療の2通りの治療法が存在します。

コンポジットレジン充填(保険適用)

コンポジットレジン充填
これは保険適用の治療となります。

  • メリット・保険適用なので安い。
    ・銀歯と比べて審美性に優れる。
    ・1回の来院で終了。
  • デメリット・時間の経過とともに変色する。
    ・摩耗しやすい(耐久性がない)。
    ・二次う蝕になりやすい。

セラミックインレー(保険適用外)

セラミックインレー
これは保険適用外の治療となります。

  • メリット・審美性に優れる。
    ・変色しない。
    ・摩耗しにくい(耐久性がある)。
  • デメリット・値段が高い。
    ・2回の来院が必要。

「「大きな」虫歯を綺麗に治療したい・「かぶせ物」を白くしたい

保険が適用される治療と、保険適用外の治療の2通りの治療法が存在します。

硬質レジン前装冠(前歯のみ適用)(保険適用)

硬質レジン前装冠
これは保険適用の治療となります。前歯のみ適用です。

  • メリット ・保険適用なので安価。
  • デメリット ・変色しやすい。
    ・汚れが付きやすい。
    ・色合いが、隣の歯と合わない時がある
    ・不自然な場合もある

セラミッククラウン(保険適用外)

セラミッククラウン
これは保険適用外の治療となります。

  • メリット ・審美性に優れる。
    ・変色しない。
    ・摩耗しにくい(耐久性がある)。
    ・汚れが付きにくい。
  • デメリット・値段が高い。
    ・値段が高い。

「セラミック」といっても、数種類のセラミック素材があります

実は、セラミックの中にも様々な種類があります。
それぞれ特徴があることをまず知って頂きたいと思います。

ハイブリッドセラミックス メタルボンドセラミック オールセラミック
セラミックとプラスチックの混合物。金属を用いていないので金属アレルギーの心配はありません。しかし、プラスチックの性質も有しているので変色の可能性有り。
審美性はオールセラミックより劣ります。
表面はセラミックですが、歯の裏側に金属を使用します。よって、金属アレルギーの可能性があります。しかし、金属を使用しているので強度に優れます。審美性はオールセラミックより劣ります。 素材はセラミックだけで出来ています。よって、金属アレルギーの心配はありません。また、審美性はこのなかで一番優れています。
しかし、硬く柔軟性が無いため「割れやすい」というデメリットがあり、強い力が加わる奥歯などには使用できません。

この3つの中で、最高素材と言われていたのが「オールセラミック」です。 しかし、割れやすいというデメリットが存在しました。

最近では、オールセラミックの「割れやすい」というデメリットを克服した素材が開発されました。それがジルコニアセラミックです。
ジルコニアは「人工ダイアモンド」として知られており、最高クラスの強度・審美性・生体親和性(体への優しさ)を持ち合わせ、今やオールセラミックに代わる最高素材と言われています。

ジルコニアセラミックの特徴

  • 以前のオールセラミックよりも優れた審美性
  • 強度と柔軟性を併せ持つ
  • 金属アレルギーが生じない
  • 変色しない
  • 汚れがつきにくい

つまり、全てのセラミックの「いいとこ取り」したものが「ジルコニア」と考えていただいても良いと思います。

歯を削らずに白くしたい

ホワイトニングという治療法となります。
一般の方は「ホワイトニング」と「セラミック治療」の区別がしにくいと思いますので、ここで簡単にご紹介しますね。

簡単に言ってしまいますと2つの点で違いがあります。

1つ目は、「セラミック治療」はごく少量でありますが、歯を削る必要があります。
「ホワイトニング」は薬剤などを用いて歯に化学変化を起こし白くしますので、歯を削る必要はありません。

2つ目は、「審美歯科治療」はあなたの好みの色を再現することが可能で、時間が経過しても治療時の色を保ち続けることができます。
「ホワイトニング」では歯の質や治療回数などにより白さの度合いは個人個人異なってきます。また時間の経過とともに白さが失われていきます。

このように治療法で一長一短がありますので、どの治療法の方がいいかは一概には言えません。担当医と相談してからの選択をお勧めいたします。詳細はホワイトニングを参照下さい。

もともと存在していた歯の色に戻したい

歯科医院でのクリーニングがこれにあたります。

歯科医院では専門の器具を使って、歯のお掃除をするサービスがあります。
これを受診して頂くことにより、ヤニ、茶渋、コーヒー・紅茶による着色などを除去することができますので、あなたがもともと持ち合わせていた歯の色が表面に出てくることになります。

また、歯科医師としてなによりも主張したいことは、クリーニングは歯の色を元に戻すだけでなく、虫歯・歯周病予防に絶大な効果があるという事です。
歯を綺麗にしながら、虫歯・歯周病予防!!非常に良いと思いませんか?
詳しくは予防歯科をご参照ください。

歯並びをしっかりと治したい

矯正歯科治療が該当します。
皆さんがよくご存じの、歯の表面に特殊な装置を付けて歯を動かす治療です。
詳しくは矯正歯科をご参照ください。

歯並びを簡易的に整え、かつ、歯の白さも追求したい

「歯並びを綺麗に整えながら、歯の色も白くする治療法があると聞いたのですが?」

このような質問を患者様から受けることがあります。
基本的に、歯並びを綺麗に整える場合は矯正治療が有名ですよね。
しかし、矯正治療では歯の色を白くすることはできません。

審美歯科治療ではこの2つを同時並行で治療することができます。

しかし、矯正歯科治療・審美歯科治療には、それぞれ治療のメリット、デメリットがありますので、まずはそれを理解していただくことが大切です。

矯正治療は審美歯科治療と異なり、基本的に歯を削ったり神経の処置をせず、歯を移動させて歯ならびを正常の位置に導いていく方法で、「歯」自体には一番負担のかからない治療法です。多少の期間はかかりますが、最終的には本当にきれいな歯列に改善することができます。

しかし矯正もいいことばかりではありません。
期間が比較的長いこと、個人差はありますが若干の痛みをともなうこと、器具が見えて格好悪いことなど、主に精神面でのマイナスの要素があります。

セラミックインレーそこで「歯の色と歯ならびを短期間に」という条件に合う方法としてご紹介するのが「オールセラミッククラウン法」です。
これは歯の全面にセラミックをかぶせ、しっかり固定する方法です。どんな色や形も自由自在に表現することができます。審美的には現在もっとも進んでいる治療法のひとつといえるでしょう。


セラミックインレーまた、もっと簡易的な治療法として「ラミネートべニア法」があります。
歯を薄く削り、付け爪のようなもの(セラミック)を歯の表面に貼りつける治療法です。


いずれの治療法も一長一短がありますので、まずは医師に相談してみてください。
治療期間、費用などを総合的に検討して、納得のいく方法をとられるといいと思います。

コラム

性別によって変化する美しさの基準

「歯の形」「歯の配列」により、第三者に与えるあなたの印象が変わることを御存じですか?
よりいっそう、女性らしさ、男性らしさを表現できる「歯の形」「歯の配列」が実は存在します。

まずは「歯の形」からご説明させて頂きます。

女性的な歯形
女性は、なだらかで繊細、そして丸いイメージを連想させます。歯の形も女性らしさを表現するためには、カドがない丸みの帯びた「卵型」が理想とされており、見る人に女性的な感じを与えます。これを専門用語で「オボイド」と呼ばれています。

男性的な歯型
男性は力強さを連想させます。歯の形で男性らしさを表現するには、カドがある力強い形が理想とされ、見る人に男性的な力強さをイメージさせます。
具体的には左の2つの形です。
上の画像は専門用語で「スクウェア」と呼ばれており、カドの立った四角っぽい形です。
その下の画像は「テーパリング」と呼ばれる形で、先端にいくほど先太りしている形で、これも男性的な印象を与えます。

次に「歯並び」についてご説明します。

歯並びは、歯の先端を線で結んだ時にどのような状態になっているかで種類分けがされており、どの種類に該当するかで、見る人の印象が変わってきます。

ナチュラル型
ナチュラル型
日本人に多いタイプで、前歯の先端が直線上にある歯と、ない歯とが混在しています。最も無難で自然な歯並びです。口を小さく見せる効果もあり、若々しい印象を与えます。

ストレート型
ストレート型
白人に多いタイプの歯並びで、前歯の先端がすべて直線上にあるので、口元をくっきりと強調することができます。

クローズ型
クローズ型
日本人の女優さんに多いタイプの歯並びです。前歯の先端はすべて直線上にありますが歯と歯に多少の重なりがあることが特徴です。出っ歯を治したい人、女性的な印象をもっと強調したいという人に向いていると言われます。

スマイルライン型
スマイルライン型
下唇のラインと前歯のラインが平行になっているのが特徴です。 世界的に好まれる並びで、ハリウッドスマイルとも呼ばれています。

このように「歯の形」「歯並び」の微妙な違いによって、その人の印象を変えてしまう事があります。面白いですよね。あなたの理想としている歯型・歯並びはありましたか?

セラミック治療に関して、是非とも知って頂きたい事

「保険適用」と「保険適用外」の治療では何が違うの?

健康保険制度は、国民全員が等しく治療を受けることができる制度です。

その反面、保険適用の歯科治療においては「かめる」という最低限の機能を取り戻すことに主眼が置かれているため、使われる材料や治療方法は20年から40年ぐらい前のものに限定されています。

このため、「自分の歯と区別がつかないような治療をしたい!」「芸能人のような透きとおる歯にしたい!」という「美しさ」を追求するご要望には保険が適用されない全額自己負担での治療を受けていただくことになります。

では、全額自己負担のセラミック治療と保険適用範囲内の治療ではどのような違いがあるのでしょうか。以下、ご説明します。

見た目の美しさ

患者様にとって一番わかりやすいのは、経年劣化(けいねんれっか)とよばれる治療経過後の見た目の変化だといえます。その違いは写真で確認いただくと一目瞭然です。

レジン(保険)とセラミック歯(保険外)の経年変化の比較

経年劣化図

保険治療ではレジン(プラスチック)が用いられます。
それに対して保険適用外の治療では、セミラック(陶器)やジルコニアといった材料が使用されます。

レジン(プラスチック)は性質上、食事をするたびに水分を吸収してしまうため、時間の経過とともに見た目が劣化してしまいます。
一方、セラミック(陶器)は見た目が劣化しないことが最大の特徴です。

また、患者さんにとって分かりづらい部分で、是非とも歯科医師として主張しておきたいのは、セラミック治療は見た目の美しさだけではなく、「虫歯再発リスクの低下」、「体への優しさ」にもつながるという事実です。

セラミック治療が虫歯の再発リスクを低下させる?!

虫歯治療をした歯は人工のかぶせ物をしているため、「歯」と「かぶせ物」にはどうしても目に見えない程の「隙間(すきま)」が生じてしまいます。そこから虫歯菌が侵入し、むし歯が再発するリスクが非常に高い事実があります。
こうしたことを避けるために我々歯科医師としては、人工のかぶせ物のすき間をぴったりと埋めようとしますが、保険の材料ではこうしたことに限界があり、せっかく治療した歯も数年すると再治療になってしまうケースが圧倒的に多いといえます。

しかし、保険適用外の治療では、かぶせ物と歯の間をぴったり埋めることが可能となりますし、それだけの時間もかけることができます。
結果、保険の材料と比べ虫歯再発リスクを最小限に抑えることが可能となるのです。

また、セラミックの性質上、汚れがつきにくい特徴を持ち合わせていることも虫歯再発リスクの低下に貢献することになります。

セラミック治療が身体への優しさにつながる?!

保険適用範囲内で認められている、いわゆる「銀歯」は、見た目に違和感があるだけではなく、金属イオンが体内に流出することで身体に悪影響を及ぼすことが知られています。金属イオンが身体に及ぼす影響は人によって様々ですが、場合によっては金属アレルギーによる発疹(ほっしん)が起きることがあります。

ブラックライン
【ブラックライン】

また、金属イオンが歯ぐきに沈着することによって歯と歯ぐきの境目に黒い線ができてしまうブラックラインも金属イオンの弊害の一つであり、近年では身体への優しさにこだわったメタルフリー治療(金属を一切使わない治療)を全額自己負担であっても希望される方が非常に増えています。


※表面は白色のかぶせ物ですが、内側に金属を使用している素材なので、歯ぐきにブラックラインが生じてしまっています。

料金表

審美歯科治療は歯科医師1人で行うものではありません。
歯科技工士という方と共に行っていきます。

当院では「ピース・デンタル・アプリアンス(Peace Dental Appliance)」という技工所さんと提携しています。
精密な作業に定評があり、毎回、技術力の素晴らしさには感嘆させられています。
当然、患者様からの評判もよく、安心して任せられる技工所さんです。
匠

料金表

料金表はこちら