line_top
header
header
header

ホワイトニング

口元を隠さずに笑いたい・・・・

あなたの「歯」に、もっと関心を持って頂きたい・・・・

よく、「人は見かけじゃない」と言われます。
本当にそうでしょうか?

良くも悪くも人は見た目でその人を判断してしまう傾向があります。
特に「歯」に関しては、「汚い」「ヤニがびっしり」「黄ばんでいる」状態だと、周囲の人はその人の見た目だけでなく、「生活習慣」や「性格」までに疑いの目を向け始めます。

例えば、歯科先進国の欧米では、歯の白さは「当然の身だしなみ」として考えられています。歯に問題があると、就職試験で落とされることもあります。これは歯に無頓着な人は自己管理能力が低いとみなされてしまうからです。

白く輝く歯には清潔感があり、周囲の人に好印象を与えます。
また、あなたの口元が変われば、人づきあいも積極的になり、人生を前向きに楽しめるようになります。

もっとあなたの「歯」に関心を持って頂きたい。
これが私からのメッセージです。

以下、ホワイトニングについてご説明していきます。

そもそもホワイトニングとは?

ホワイトニングとは、加齢、生活習慣、遺伝等が原因で黄ばんだ歯を、薬の力で白く漂白する方法です。海外ではブリーチングという呼び方もしますがホワイトニングと同じ意味です。
歯を白くする方法には何通りか存在し、大きく分けると、3つの方法があります。

  • 白い詰め物・かぶせ物を用いる「審美歯科治療」
  • 歯科医院で行なう「オフィスホワイトニング」
  • 自宅でマウスピースをはめて行なう「ホームホワイトニング」

それぞれの方法にはメリット・デメリット、費用、治療期間などの違いがあり、あなたに合った治療法の選択が大切になります。
以下、ご説明します。

そもそもホワイトニングとは?

まずは、「審美歯科治療」と「各種ホワイトニング」の違いからご説明いたします。
簡単に言ってしまいますと2つの点で違いがあります。
それは「歯を削るかどうか」「治療後の白さを維持できるかどうか」です。

歯を削るかどうか

審美歯科治療
歯を削る必要があります。
審美歯科治療というのは、歯を削り、その部分に詰め物・被せ物をする治療法です。
各種ホワイトニング
薬剤を用いて歯に化学変化を起こし白くしますので、歯を削る必要はありません。

白さを維持できるかどうか

審美歯科治療
お好みの色を再現することができ、時間が経過しても治療時の色を保ち続けることができます。これは審美歯科治療で使うセラミックという素材自体が変色しない性質を持つためです。
各種ホワイトニング
歯の質や治療回数などにより白さの度合いは個人個人異なってきます。
また時間の経過とともに白さが失われていきます。

このように治療法で一長一短がありますので、あなたにとって一番良い方法はこれですとは一概には言えません。担当医と相談してからの選択をお勧めいたします。
審美歯科治療に関しましては、別のページで紹介していますので、詳しくは審美歯科をご参照下さい。

白さの持続期間は?

これは非常に気になることですよね。
残念ながら永遠に白さが維持されることはありません。
どのホワイトニング剤を使っても同じです。白さが維持される期間は、生活習慣、日ごろのお手入れなどによって個人差があります。

白さを長期間維持するためには、着色しやすい食べ物をとらないことや、ホワイトニングメンテナンス用の歯磨き粉を使う事をお勧めします。
また、ホームホワイトニングより、オフィスホワイトニングの方が後戻りしやすい傾向がありますので、オフィスホワイトニングの場合は3〜6カ月後に追加のホワイトニングを繰り返すことで後戻りを防止することが可能になります。
ホームホワイトニングに関しては1年に一度の追加ホワイトニングが目安となります。
この追加ホワイトニングを「タッチアップ」というのですが、これを定期的に行うことにより、変色しにくい歯になっていくという研究報告があります。

ホワイトニング剤は身体に害はありませんので、何度繰り返しても問題ありません。

白さを維持させたい場合は審美歯科治療がございますので、審美歯科をご参照ください。

コラム

「審美歯科」、「ホワイトニング」以外にも歯を白くする方法はあります。

歯科医院では、PMTCというサービスを行っています。
これは、専門の道具を使って歯の汚れを除去するサービスです。
本来は、歯の健康を維持するものですが、これをやることで「歯の本来持つ白さ」を取り戻すことができます。詳しくは予防歯科でお話ししていますが、ここでも簡単にご説明したいと思います。

まずお口の健康状態をチェックします。 その後、スケーラーと呼ばれる道具で歯にこびりついた歯石の除去を行います。
歯石は普段の歯磨きでは完全に除去することは出来ませんし、そのまま放置していると歯周病の原因となりますので、定期的に歯科医院で除去してもらう必要があります。
次に、普段歯ブラシの届きにくい部分の清掃や歯の着色を落とすために、様々な特殊器具を使い、歯を磨きあげていきます。特殊器具と聞くと、なんだか痛そうなイメージを持たれてしまうかもしれませんが、実際は全くの逆です。治療中はまったく痛みはありませんし、気持ちよくて眠ってしまう方もいるくらいです(笑)。
また、この治療を繰り返すことにより、歯石・歯垢・着色が付きにくくなるメリットも存在します。

まとめると、PMTCは歯を本来の白さに蘇らせるだけでなく、虫歯・歯周病のチェック、歯周病の改善という複合的な意味を持っています。歯の着色は、コーヒー・紅茶、カレー、タバコなどが原因でまた黄ばんでくることにもなりますし、日ごろのブラッシングでもどうしても落とせない汚れがありますので、歯の美しさ、健康な歯の維持のため、定期的(3〜6カ月に1度)に歯科医院にてPMTCを受診されることをお勧めしします。

ホワイトニングQ&A

ホワイトニングを行うと、どの程度白くなりますか?
白さを追求するのがホワイトニングですので、もちろん白くはなります。
しかし、ご希望の白さまで必ず改善できるという保証はありません。
なぜならば、生体にダメージを与えないよう安全にホワイトニングするには限界があるからです。
ご希望の白さを望まれる場合は審美歯科治療でご対応致します。
以前に治療した歯にもホワイトニング効果はありますか?
ホワイトニングは天然の歯に対して作用するため、被せもの・差し歯には効果がありません。もしも、以前に治療された歯と天然の歯の色とで差異が生じた場合は、ホワイトニングされた歯の色合いに合わせて審美歯科治療をすることにより、全体的に美しい歯を表現することができます。
体には安全なの?
はい、安全です。
ホワイトニングは薬剤を使いますので、歯を痛めたり、体への害を心配するかもしれません。しかし、安心して下さい。オフィスホワイトニング・ホームホワイトニング共に、主成分は「過酸化水素」もしくは「過酸化尿素」です。 これはオキシドールと同じ成分になります。オキシドールはお口の中の殺菌消毒に用いられています。また、アメリカ食品医薬品局(FDA)、アメリカ歯科医師会、日本の歯科大学で安全性は保証されています。
しかし、稀に知覚過敏などが生じることがありますが、一過性のものです。ホワイトニングを一時中断して頂ければおさまります。 また、ホワイトニング剤が歯肉、指、唇に付着するとその部分が白っぽくなることもありますが、これも一過性のものであり、2〜3日すれば元に戻ります。
ホワイトニングが出来ない人はいるのでしょうか?
います。
無カタラーゼ血症、糖尿病、アレルギー、免疫疾患、呼吸器疾患、妊婦、授乳中の方はホワイトニングを行うことはできません。
そもそも歯の色を決定する要因は何なのでしょうか?
歯の表面は「エナメル質」という半透明の硬い組織で覆われています。
そのエナメル質の下には「象牙質」という黄褐色の組織があります。
歯の色は、主にこの象牙質が透けたり、エナメル質を乱反射したりるすことで決定されます。
これが基本であり、これ以外に飲食物、タバコなどによる歯の表面(エナメル質)の着色、薬物(テトラサイクリン系構成物質)による着色、外傷(神経の壊死)による着色、虫歯による変色、加齢による着色などにより歯の色は変化してきます。
もっと詳しく歯の変色の原因を教えてください
下記のような原因があります。
①虫歯(初期虫歯は白濁、悪化すると褐色・黒色となります)
対応策虫歯治療・審美歯科
②コーヒー、お茶、赤ワイン、タバコによる色素沈着
対応策審美歯科
③金属イオンによる着色
対応策審美歯科
④遺伝性疾患(エナメル質形成不全、象牙質形成不全、先天性ポルフィリン症)
対応策審美歯科
⑤代謝異常疾患
・カルシウム代謝異常→黒色に変色
・先天性梅毒→褐色から黒色に変色
・糖尿病の母体からの出生→褐色に変色
・小児期の急性発疹→褐色に変色
・ビタミンA・C・D欠乏→黒・褐色に変色
対応策ホワイトニング・審美歯科
⑥歯の外傷
対応策ウォーキングブリーチ・審美歯科
※ウォーキングブリーチとは、歯の神経(歯髄)を取った後、歯の中に歯を白くする薬剤を入れ、変色した歯を白くする方法です。 神経が死んでしまった歯に対しては通常のホワイトニングではあまり効果がないのですが、このウォーキングブリーチを行えば確実に歯を白くすることが出来ます。
⑦加齢によるもの
年齢とともにエナメル質が薄くなり透過性が高くなります。そうするとエナメル質の下にある象牙質の色が目立ってきますし、象牙質自体も加齢とともに色が濃くなっていきます。象牙質はもともと「黄色」に近い色をしているので、歯が黄色く見えてしまうことになります。
対応策ホワイトニング・審美歯科
⑧フッ素慢性中毒症、テトラサイクリン系構成物質の服用
対応策ホワイトニング・審美歯科
着色しやすい食品を詳しく教えてください。
下記になります。
  • ポリフェノール含有:コーヒー、紅茶、ウーロン茶、緑茶、赤ワイン
  • アントシアニン含有:プルーン、ぶどう、いちご、ベリー類
  • 人工着色料含有:カレー、ビーフシチュー、ジュース類
  • その他:しょうゆ、ソース類、マスタード、ケチャップ

※また、単独では着色しないが、着色しやすいものと一緒に摂取することにより着色を助長する食品もあります。下記になります。

    炭酸飲料
  • 柑橘系食品
  • シュウ酸(ホウレンソウ、バナナ)
  • クエン酸(レモン、グレープフルーツ)
  • 酢を使用したもの(ドレッシング類)