line_top
header
header
header

予防歯科

「治療」から「予防」の時代へ

3〜6カ月に一度メインテナンスに来てくださいね!

歯医者さんでの治療が終わり、このように言われたことはありませんか?
治療が終了したのに、「なんで定期的に通院しなければならないの?」と思った方も多いと思います。この疑問にこれからお答えします。

予防歯科の必要性。歯は削れば削るほど悪くなる?!

「虫歯になっても、削って治療をすればよくなる」
このように考えている方は多いのではないでしょうか。
確かに、虫歯の部分を削り取り、硬い金属の詰め物・かぶせ物をすると、何だか以前よりも歯が丈夫になった感じがしますよね。
しかし、残念なことに、歯は治療すればするほど悪くなります。

あまり知られていない事ですが、お口の中というのは非常に過酷な環境に置かれています。熱い食べ物、冷たい飲み物が絶えず入ってきますし、物を噛み砕く際は、歯と歯がはげしくぶつかり合います。この厳しい環境が原因で、「歯」と「詰め物・かぶせ物」の間には目で確認できないほどの小さな隙間がどうしても生じてしまいます。そこから虫歯菌が侵入し、虫歯が再発することになるのです。

そして、一度、治療した歯を再治療する際には、さらに大きく歯を削る必要があります。
この再治療のサイクルを繰り返してしまうと、最終的には削る歯もなくなり、抜歯、そしてインプラント・入れ歯・ブリッジの流れをたどることとなってしまいます。

このことを裏付けるデータとして、成人の方の虫歯治療の70〜80%は、新たにできた虫歯の治療ではなく、過去に治療した歯の再治療であると言われています。

1度治療した歯は強くなったのではなく、弱くなったという認識が大切です。
治療後、虫歯再発とならないために、予防・メインテナンスの正しい知識を持ち、少しだけこれまでと違う行動をとることが大切となります。

歯磨きだけでは虫歯・歯周病は予防できない?!

「毎日、歯を磨いているのに虫歯・歯周病になるのはどうしてですか?」
患者さんからよく聞かれる質問のひとつです。もちろん、毎日の歯磨き習慣は大切なことです。しかしながら、それだけでは虫歯・歯周病の予防ができないのも事実です。

その秘密は、バイオフィルムとよばれる 歯磨きをしていても除去できない強力な汚れにあります。このことをお伝えするために、患者さんには次のような例え話をすることにしています。

たとえば、毎日、台所の三角コーナーの中にある「生ごみ」を捨てますよね。
これがお口の中でいう、“歯を磨く”ことにあたります。
しかし、毎日、生ごみを捨てていても1ヵ月もすると、“ヌメヌメ”してきますよね。
実は、これと同じことがあなたのお口の中でも起きているのです。

この三角コーナーのヌメヌメをきれいにするためにどうしているでしょうか?
おそらく、クレンザーなどの強力な洗剤を使用して、元通りのピカピカの状態に戻しているとおもいます。

三角コーナーと異なり、お口の中では、このような強力な洗剤を使用することはできません。したがって、それよりも安全なものとして、普段、あなたが使用している歯磨き剤を使用することになります。

しかし、残念なことに歯磨き剤だけでは口の中の“ヌメヌメ”を完全に落とし切ることはできません。これが、毎日、歯を磨いていても虫歯・歯周病になってしまうメカニズムなのです。

お口の中にできる“ヌメヌメ”をバイオフィルムと呼び、虫歯菌・歯周病菌などにとってのバリアのようなものといえます。このバリアを壊さない限り、虫歯菌・歯周病菌などに直接効果的な攻撃を加えることはできないのです。

このバリア(バイオフィルム)を除去するためには、歯科医院で定期的にPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)と呼ばれる“プロによる機械を用いた歯のクリーニング”を受ける必要があります。

※PMTCでは、頑固な汚れであるバイオフィルム・歯石を除去するだけでなく、歯の着色汚れも除去することができ、歯の自然な白さがよみがえります。また、歯がツルツルになり、お口の中がサッパリします。この爽快感は患者様に大好評です!

※PMTCは、柔らかい特殊な器具を使うので痛みはありません

定期的メインテナンスの絶大な効果

歯科医院での定期的な予防・メインテナンスを「した方」と「そうでない方」の年齢別の統計があります。これによると80歳になったときに残っている歯の本数にはメインテナンスを「した方」と「そうでない方」には9本近くの開きがでるという結果になりました。

定期メンテナンスと残存歯数の関係

以下、もっと分かりやすく「メインテナンス」をしている場合としていない場合の比較を説明したいと思います。

「痛い時だけ通院する方」と「定期的に通院する方」の
歯のライフサイクルと治療費の比較

痛い時だけ通院する方の歯のライフサイクル

定期的に通院する方の歯のライフサイクル

「3〜6カ月に1回の定期的メインテナンスに行くのは面倒だし、費用も高くなりそうだな」と感じておられる方も多いと思います。しかし、結果はどうでしょうか。
定期的に通院した方が約300万円も治療コストがかかっていません。

また、歯科医師としてなによりも主張したい点は、「80歳になっても自分の歯でいられる」ことの素晴らしさです。 一般の方々は「歳をとれば、自然に歯が抜けてしまうものだ」とお考えの方がいると思いますが、事実は違います。若いころから歯科医院で定期的にメインテナンスを受けていれば、上記の図・統計にもあるように、多くの歯を残すことが可能となるのです。

歯を失うことの辛さは、実際に失った方でないと分りませんが、事実、生活の質が落ちてしまいます。快適な老後を送るためにも、早いうちから歯のありがたみを理解し、日々のブラッシング、定期的なメインテナンスを生活習慣の1つに組み込むことが非常に大切となります。

「治療の連鎖」を断ち切るために

ここまで読んでいただければ、虫歯・歯周病の治療が終了しても、治療前の生活習慣や歯に対する考えのままであれば、結局、再治療の可能性が高まることがお分かり頂けたと思います。

現在の歯科医療では、虫歯・歯周病の原因が解明されており、どのようにすれば虫歯・歯周病にならずに済むのかの予防法が確立しています。

虫歯・歯周病になってしまったのには、あなたにそれだけのリスク(生活習慣、ブラッシングの方法、間食などなど) が存在していたからです。このリスクを減らすことができなければ、治療したとしても再発する可能性は高まります。

歯医者でのメインテナンスでは、単に歯石・バイオフィルムなどを除去するだけでなく、あなたのリスクを把握し、そのリスクコントロールのアドバイスも行いますので是非有効にご活用ください。

せっかく治療した歯。できるだけ長く、快適な状態でいたいですよね!
今度は治療ではなく、お口のケアのために歯医者におこしください!
3ヵ月〜6カ月ごとの定期的なメインテナンスをお勧めします。

コラム

ななくに歯科推奨!!最新の虫歯・歯周病予防治療「3DS」

虫歯の原因菌は、「歯の表面」・「歯の隙間」・「歯と歯肉の間」に多く存在します。
歯の表面の原因菌は毎日の歯磨きである程度除去することが出来ます。
しかし、歯の隙間・歯と歯肉の間に存在する原因菌は、どんなに丁寧に歯磨きをしても完全に除去することは出来ません。そこで先ほどご説明したPMTCが登場します。

PMTCでは、特殊な道具を使い、毎日の歯磨きでは除去できない部分や汚れをきれいにしていきます。
しかし、このPMTCも万能ではありません。完全に虫歯菌を除去することまではできません。

ここで今回ご紹介する「3DS」の登場となります。
患者様のお口に合わせたマウスピース(ドラッグリテーナー)を作り、その中に虫歯の原因菌を殺菌する薬を入れ、1日10分程度お口に装着することで、ほとんどの虫歯原因菌を殺菌することが可能となります。
3DSの効果は4〜6カ月持続すると言われています。

※3DSを応用することで、歯周病の予防、口臭予防にもつながるとも考えられています。

3DSをお勧めしたい方

  • 虫歯になりやすい方(虫歯の発生を防ぎ、進行を抑制します)
  • 乳歯に虫歯が多いお子様(永久歯に虫歯原因菌が感染するのを防止します)
  • 虫歯の多いお母さん(母子感染を予防します。詳しくは小児歯科を参照下さい)
  • これから矯正装置を装着される方(長期間お口の清掃が難しくなるため)

治療手順

  • ①患者さんのお口に合ったマウスピースを作成します。
  • ②PMTCを行います。
  • ③マウスピースに抗菌剤をいれて、10分間お口に装着し除菌・殺菌します。
  • ④自宅にて③を行って頂きます。

※治療手順の詳細は医院にお問い合わせください。
3DSを行えば、歯磨きをしなくても良いというわけではありません。あくまでも虫歯や歯周病になるリスクを低くするものです。毎日の歯磨きは必ず行って下さい。
※3DSは6〜8日連続的に行うことで十分な効果があるとされていますので、その以上行う必要はありません。3DS後は水でよくうがいをして、薬剤は飲み込まないようにしてください。
※体調の変化を感じた場合は、すぐに3DSの使用をやめて、担当医にご相談下さい。
※マウスピース(ドラックリテーナー)は歯並びやお口の大きさが変化しなければ何度も使用できますので、大事に保管しておいて下さい。また、歯の漂泊にも応用が可能です。

「唾液」実はすごいんです!!

最近、「お口の中が乾いて夜眠れない」「うまく会話ができない」「乾いた食べ物が食べられない」などと思っている方はいませんか?
これは唾液の分泌が少なくなっているためです。
「たかが唾液の量が減少しただけ」と軽視しないでください。その理由をこれからお伝えいたします。

抗菌作用

唾液には様々な細菌を殺す物質が多く含まれています。
ですので、唾液の量が減ることにより、虫歯や歯周病になりやすくなりますし、口臭の原因ともなります。また、風邪などの感染症にかかりやすくもなります。

歯の保護・再石灰化作用

歯の表面のエナメル質を修復(再石灰化)する作用があります。
初期の虫歯であれば、この唾液の力で自然修復が可能な場合もあります。

粘膜保護作用

唾液の中にはムチンという物質が含まれています。ムチンは食べ物をオブラートのように包む作用を持っており、刺激性の強いもの、熱い食べ物などを包み込むことで、のど・食道・胃を守ってくれます。唾液が減少してしまうと、胃潰瘍・胃炎などの原因となります。

ちほう予防作用

唾液には上皮成長因子E・G・Fが含まれています。
これらは次のような働きをしています。

  • 神経細胞の修復作用
  • 神経細胞の生存を維持する作用
  • 脳の損傷を修復する作用
  • 脳神経の機能回復

ストレス緩和作用

イライラしているときに「やけ食い」をすると気分がスッキリすることがありますよね。これは、唾液に含まれる「コルチゾ―ル」という物質が分泌されるからだと考えられています。

このように唾液はすごい力を秘めています。
唾液を多く出すには、とにかく「良く噛むこと」が大切です。
良く噛むためには、噛み合わせも大切ですが、健康なお口の存在が大前提。
そのためには日ごろのお口のケアを徹底し、とにかく歯を失わない事。
失った場合でも、それ以上失わないよう日々のお手入れの他に、定期的に歯科医院でメインテナンスをすることが大切となります。